探偵小説専門誌幻影城1977年4月号〜6月号目次


表紙をクリックすると裏表紙が現れます。
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
また、作品が改題された場合は、原題を[ ]内に記載しました。


幻影城77年4月号表紙 1977 Apr. No.29
探偵小説専門誌幻影城 4月号

表紙イラストレーション=山野辺進/表紙目次構成=池田拓/目次イラストレーション=花輪和一/本文イラストレーション=西岡保之・花輪和一・寺沢健一郎・大西将美・薄奈々美・山本博道・山野辺進

第三巻第四号/定価750円/昭和52年4月1日発行/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/発行所=幻影城


  黒岩重吾のことば 黒岩重吾 1 風俗小説と推理小説  
連続企画:
<新青年>創刊から
<幻影城>創刊まで
探偵小説55年を考える(9)
発禁探偵小説特集
発禁探偵小説について
S 9    
霧しぶく山 (発禁探偵小説特集・250枚) 蒼井雄 10 探偵春秋 1937年(昭12)7-8月号
勝者敗者 (発禁探偵小説特集) 甲賀三郎 72 サンデー毎日 1926年(大15)7月1日特別号
陳情書 (発禁探偵小説特集) 西尾正 78 ぷろふいる 1934年(昭9)7月号
取り締まられた探偵小説 (解説) 長谷川卓也 94    
連作小説 足跡にご注意
(連作・くさや刑事鼻つまみ捜査ノート・第二話・80枚)
筑波孔一郎 118    
虎は死して皮なれば
(連作・十二支によるバラード・第三話・130枚)
新羽精之 164    
新連載・本格探偵小説 匣の中の失楽 (新連載・本格探偵小説) 竹本健治 221    
作品発掘 夢の殺人 (作品発掘) 南沢十七 108 新青年 1932年(昭7)8月号
夢の追跡者・南沢十七
(幻の作家を求めて・16)
鮎川哲也 101    
幻影館・4 オペラ座の怪人(上) (幻影館・4) 分析採録・撮影
紀田順一郎
154    
日本ミステリー散歩 探偵作家風土記・九州篇
(日本ミステリー散歩)
玉井一二三 4    
日本探偵小説史ノート・14 木々高太郎誕生 (日本探偵小説史ノート・14) 中島河太郎 203    
フランス探偵小説史 シムノン再説 (フランス探偵小説史の内) 松村喜雄 214    
影の会」二年目に
当って
<幻影城>の”影”から”推進力”へ
(「影の会」二年目に当って)
村岡圭三 150    
評論 一九七六年度・推理小説 (評論) 武蔵野次郎 144    
別冊幻影城=
黒岩涙香
幽霊塔」と「無残」他鑑賞
(別冊幻影城=黒岩涙香集)
金田一郎 212    
新刊紹介・
ミステリ館への誘い
「迷宮捜査官」島田一男(光文社) 二上洋一 210    
「崖の館」佐々木丸美(講談社)
「夜は口笛を吹くな」
長部日出雄(徳間書店)
「プラトンは赤いガウンがお好き」
小峰元(講談社)
  次号予告   8    
  幻影城・バックナンバー   273    
  編集者断想 S 264    
  幻影城出版案内   265    
前月号の「次号予告」に掲載されていた作品のうち、今月号に掲載されていなかったのは「取り締られた探偵小説」(長谷川卓也)。また、「続・書かでもの記」(横溝正史)は休載した。

幻影城77年5月号表紙 1977 May. No.30
探偵小説専門誌幻影城 5月号

表紙イラストレーション=山野辺進/表紙目次構成=池田拓/目次イラストレーション=花輪和一/本文イラストレーション=西岡保之・楢喜八・石川陽子・松本修一・寺沢健一郎・薄奈々美・大竹明輝・山野辺進・大西将美・池田拓

第三巻第五号/定価750円/昭和52年5月1日発行/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/発行所=幻影城


  笹沢左保のことば 笹沢左保 1 風俗小説化の功罪  
<幻影城>
30号記念特集=
<幻影城>
作家競作
<幻影城>30号記念特集について
S 9    
ホロボの神
(連作・亜です、よろしく・第三話)
泡坂妻夫 10    
禁色 (<幻影城>作家競作) 村岡圭三 30    
未知の魅力 村岡圭三 49    
決算委員会 (<幻影城>作家競作) 宮田亜佐 50    
内部告発 宮田亜佐 73    
海賊船長 (<幻影城>作家競作) 滝原満 96    
探偵小説はひとの”悲願”を描く文学 滝原満 95    
秘嶺女人綺談 (<幻影城>作家競作) 高村信太郎 110    
私的探偵小説観−新伝奇探偵小説 高村信太郎 129    
死者の奢り (<幻影城>作家競作) 筑波孔一郎 74    
連作小説 火の山に跳ねろ灰兎・前篇
(連作・十二支によるバラード・第四話)
新羽精之 142    
連載本格探偵小説 匣の中の失楽 (連載本格探偵小説・第二回) 竹本健治 161    
連続企画:
<新青年>創刊から
<幻影城>創刊まで
探偵小説55年を考える(10)
大庭武年作品特集
大庭武年作品集について
S 215    
13号室の殺人 (作品発掘・150枚) 大庭武年 224 新青年 1930年(昭5)10月号
小盗児市場の殺人 (作品発掘) 大庭武年 216 新青年 1933年(昭8)6月号
幻影城論壇 現代推理小説と医学−
小林久三「錆びた炎」をめぐって
(現代推理小説の方向)
権田萬治 130    
幻影館・4 オペラ座の怪人(下) (幻影館・4) 分析採録・撮影
紀田順一郎
202    
日本ミステリー散歩 探偵作家風土記・九州篇
(日本ミステリー散歩)
玉井一二三 4    
新刊紹介・
ミステリ館への誘い
「花の骸」森村誠一(講談社) 二上洋一 200    
「振飛車殺人事件」山村正夫(立風書房)
「闇の逃亡者」桜田忍(青樹社)
「謎の飛行計画」福本和也(光文社)
  全日本大学ミステリ連合通信 No.20 谷口俊彦 199    
  怪の会」通信 上田信 199    
次号予告 次号予告   8    
“「臨海荘事件」所感”より 江戸川乱歩 8    
  幻影城・バックナンバー   273    
  編集者断想 S 264    
  幻影城出版案内   265    
前月号の「次号予告」に掲載されていた作品のうち、今月号に掲載されていなかったのは「「錆びた炎」の創作動機」(小林久三)、「1977年期待の新人」(大内茂男)。また、「続・書かでもの記」(横溝正史)は休載した。なお、「秘嶺女人綺談」(高村信太郎)は「女人幻国綺談」として予告されていた。

幻影城77年6月号表紙 1977 Jun. No.31
探偵小説専門誌幻影城 6月号

表紙イラストレーション=山野辺進/表紙目次構成=池田拓/目次イラストレーション=花輪和一/本文イラストレーション=西岡保之・山野辺進・大竹明輝・山本博通・寺沢健一郎・有賀眞澄

第三巻第六号/定価750円/昭和52年6月1日発行/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/発行所=幻影城


  鮎川哲也のことば 鮎川哲也 1 即席アリバイ・
トリック調理法
 
藤村正太追悼特集 藤村正太略年譜   191    
黄色の輪 (処女作) 藤村正太 192 別冊宝石(川島郁夫) 1949年(昭24)12月号
乱歩賞きっての多才な実力派・藤村正太
(我が懐旧的作家論・19)
山村正夫 213    
最後の会話 (追悼) 鮎川哲也 220    
心残りのことなど… (追悼) 稲見茂久 222    
キコエマスカ、藤村さん (追悼) 土屋隆夫 224    
律義な散歩者 (追悼) 中島河太郎 226    
乱歩賞作家書下し中篇 朝に散る (乱歩賞作家書下し中篇・80枚) 日下圭介 50    
<幻影城>推薦新人 一流保険 (<幻影城>推薦新人・80枚) 竹谷正 140    
連載本格探偵小説 匣の中の失楽 (連載本格探偵小説・第三回) 竹本健治 9    
連作 毒だぁ・すとっぷ
(くさや刑事鼻つまみ捜査ノート・第三話・100枚)
筑波孔一郎 108    
火の山に跳ねろ灰兎・後篇
(連作・十二支によるバラード・第四話)
新羽精之 84    
横溝正史自伝 続・書かでもの記・8 (横溝正史自伝) 横溝正史 45    
幻影館6 メトロポリス(上) (幻影館・6) 分析採録・撮影
紀田順一郎
180    
日本ミステリー散歩 探偵作家風土記・九州篇
(日本ミステリー散歩)
玉井一二三 4    
フランス探偵小説史の内 カミとピエル・ボワロー
(フランス探偵小説史の内)
松村喜雄 77    
別冊幻影城=
横溝正史III集
悪魔の手毬唄」と
車井戸は何故軋る」鑑賞
(別冊幻影城=横溝正史III集)
金田一郎 165    
新刊紹介・
ミステリ館への誘い
「華麗なる誘拐」西村京太郎(徳間書店) 二上洋一 167    
「二人の追跡者」草野唯雄(祥伝社)
「死の霧の伝説」小林久三(桃園書房)
「殺人回路」桜田忍(日本文華社)
「商社マン殺人事件」太田俊夫(徳間書店)
影の会>通信 春宵に友情を暖めて 高村信太郎 179    
幻影城サロン 四つのお願い 溝上知弘 177    
やはり愛読者になりました 中村正人 177    
最後までついていきます。 中村武彦 178    
全日本大学ミステリ連合通信 No.21 谷口俊彦 177    
怪の会」通信 上田信 178    
  第三回<幻影城>新人賞募集   176    
次号予告 次号予告   8    
“「臨海荘事件」所感”より 江戸川乱歩 8    
立風書房
「鮎川哲也長篇
推理小説全集」広告
本ものの推理小説 土屋隆夫 0    
立風書房
「仁木悦子長篇
推理小説全集」広告
横溝正史コメント 横溝正史 0    
  幻影城・バックナンバー   229    
  編集者断想 S 228    
  幻影城出版案内   169    
前月号の「次号予告」に掲載されていた作品のうち、今月号に掲載されていなかったのは「臨海荘事件・前篇」(多々羅四郎)、「1977年期待の新人」(大内茂男)。「臨海荘事件・前篇」(多々羅四郎)は次号に掲載された。

表紙へ戻る進む